自然な見た目でうれしい!薄毛を隠せる人気かつらメーカーランキング

確かなブランドを利用したい方に

いつまでも若々しい髪があってほしいと願うのは当然です。しかし、禿ることは避けて通れません。そこで今回は、そんな禿から身を守るために近年使用している方が多くいる、かつらのメーカーをランキング形式で紹介しているこちらのサイトを紹介します。

日本には様々なかつらのメーカーがありますが、メーカーによって何が違うのかを正しく理解している方は少ないです。こちらのサイトでは、そんな違いを踏まえつつ、今人気で注目を集めているかつらをわかりやすく紹介しています。

かつらはご自身に最適な物を選ぶ必要があります。ご自身に最適なかつらを選ぶためにも、比較をすることが重要となります。しかし、比較といってもどのように比較をしたらよいのかわからない方が多くいます。そんな方は、こちらのかつら比較サイトを上手に活用し、品質も良くご自身に最適なかつらを選びましょう。

ナチュラルスタイル

おすすめ度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス性 ★★★★★
利用満足度 ★★★★

ナチュラルスタイルでは、世界基準のオーダーメイドかつらが作れます。また、安心の価格設定で、大きさや、髪の長さで値段が変わることがない明瞭会計となっています。さらに、オーダーメイドで作成された型を工場に直接発注することで低価格を実現しています。

オーダーメイドだと、作成までに時間がかかってしまうので、突然の災難で修理が必要になった時などに困ってしまいます。そんな時、スペアがあると安心ということで、同じ型で二つ注文の場合、特別価格で購入することができます。また、リピーターの方にもお得な特別価格の設定もあります。

医療用かつらにも対応しています。抗がん剤治療の場合、すぐに桂が必要になる場合も多くあります。その為、すぐ納入できるセミオーダー品もあります。他にも医療用アンダーキャップや、抗がん剤脱毛用の防止なども取り扱って居ます。

ライツフォル(株式会社ジャパン・メディカルケア)

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★★★

抗がん剤の治療による副作用の一つに、髪がすべて抜け落ちてしまうという厄介なものがあります。特に女性はかなりショックが大きいはずですし、多くの方々は病院に通いながらも、生活費と治療費のために会社で働く必要もあるので相当大変です。

しかし周囲に心配をかけずに仕事に取り組むためにも、見た目を何とかする必要があります。そこで便利なのがライツフォル(株式会社ジャパン・メディカルケア)の医療用かつらです。これを被ることにより頭の部分が自然な状態に見えますし、仕事にもきっと身が入るかもしれません。

製品のラインナップは4種類に分かれていて、自分の頭の状態に合わせて自由に選ぶことが可能です。また購入前に試着が可能なので、どのような見た目になるのかや被り心地になるのかを前もってチェックできるでしょう。値段も非常にリーズナブルなので、ぜひ利用してみると良いのではないでしょうか。

女性用ウィッグ【ライツフォル】

katsura-ladys(株式会社スヴェンソン)

おすすめ度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★★★

もし病気の治療などで髪の毛が抜け落ちてしまった場合、これが男性の場合だとまだ開き直ることも可能かもしれません。しかし女性だとなかなかそうはいかないでしょう。女性の方が自分の見た目を気にすることが多く、なるべく早く対策を施したいと考えるはずです。

そこで最近注目なのが、katsura-ladys(株式会社スヴェンソン)です。株式会社スヴェンソンは最近テレビやインターネットでコマーシャルを頻繁に流しているくらい知名度も高く、それだけ利益を出している証拠なので安心して依頼をすることができるでしょう。

ここに依頼をすれば、最適な医療用のかつらやウィッグを提案してもらえます。一人ひとりに合ったかつらやウィッグを最初から作ってもらうこともできますし、すでに作られた物からピッタリの一品を選んでもらうことも可能です。いずれにしても全く不自然にならないよう選んでくれるので、ぜひ活用してみましょう。

AQUADOLL VENUS(アクアドール)

おすすめ度 ★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★

年齢を重ねるにつれ、髪の毛のボリュームが無くなってきたり薄くなってきたりと悩みが出てきます。しかし、若い女性でもストレスだったり薬の副作用によって脱毛したりと髪の毛の悩みがあるでしょう。そんな時に役立つのがかつらです。

AQUADOLL VENUS(アクアドール)では、東京サロンの方では何とキッズスペースが併設されていますので小さなお子様を連れた方でも来店することが出来るようです。しかも、通常は完全予約制ですが予約をされていなくても試着が出来るのも嬉しいサービスです。

大阪のあべの店では、ナチュラルな感じのものから、付けやすさを考慮したもの、激安ウィッグなど品ぞろえが最大級だそうです。お洒落感覚で医療用ウィッグを選ぶことができます。

究極のウィッグAQUADOLL VENUS

アデランス

おすすめ度 ★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★

アデランスのかつらは、他のメーカーとは一味違い、付け心地や見た目の自然さも良いのでとてもお勧めです。メンズ、レディース共に様々なかつらがありますので、とてもお勧めとなっています。アデランスはCMでお馴染みということもあり、信頼と実績があります。

アデランスは、かつらだけではなく、育毛にも力を入れており、かつらをかぶりながら育毛することも可能となっています。ホームページから髪に関する情報をある方が出来ますので、誰でも簡単に髪のこと関して学ぶことが出来ます。

アデランスのかつらは、他のメーカーとは違い、付け心地や見た目の自然さはもちろん、格好良さや美しさ、可愛さを手に入れることが出来ます。髪があることにより、若々しく、美しく見られます。

アートネイチャー

おすすめ度 ★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス性 ★★★★
利用満足度 ★★★

「株式会社アートネイチャー」は、メンズ用のかつらだけでなくレディースのかつらのサービスも手掛けています。男性だけでなく女性も髪に悩みがある方に対して、手厚いサービスがあります。増毛やウィッグ、ヘアケアのサービスがあります。

「株式会社アートネイチャー」では、オンライショップサービスもあります。アートネイチャーがオススメする商品を買うことができます。送られてくる箱には、アートネイチャーという会社名が記載されないようになっていますので、周囲に気付かれる心配がいりません。

「株式会社アートネイチャー」は、現在100本無料の増毛体験キャンペーンが行われています。これは、始めて利用する方限定のキャンペーンとなりますが、始めての方にとってはかなり魅力あるキャンペーンとなっています。

お気軽にウィッグ無料お試し体験

かつらは何個持っていると便利?

加齢や病が原因となり髪の毛が薄くなってしまったり抜け落ちてしまった際に役立つのが、かつらです。かつらを被ることになった時には、一つで良いと考える人が大半です。
しかしかつらは複数持っていた方が便利であり、安心できるものとなります。
一つで良いと考えていても、いざ被っているかつらが予期せぬタイミングで壊れてしまうことも考えておかなくてはなりません。
大切な予定がある日に、急にかつらが破損してしまったとなれば髪の毛が気になり外に出ることができなくなってしまいかねません。
当日予定がなくて修理に出した場合でも、その場で直してもらうことができなければ、手元に戻ってくるまでかつらの無い日々を過ごさなくてはならないので、予備を持っておく必要があります。

所有しておくべき個数として、予備と考えるのであれば二つあれば十分と言えます。二つセットで購入することにより割引サービスがあることもあったり、サイズを何度も測りに行くという手間もかかりません。
複数のかつらを持っておくことで、毎日同じかつらを被る必要がなくなるので長持ちさせることにもつながります。かつらは毎日被り、体の一部となるものだからこそ、長持ちさせるためには同じものばかり毎日被らないということが大切です。

予備という考えではなく、お洒落という視点から考えるのであれば複数持っていた方が気分に合わせて被り分けることができるので、よりお洒落を楽しむことができるようになるのでは無いでしょうか。普段なかなかチャレンジすることができない髪型でも、かつらならば気軽にチャレンジすることができるというのも良い点です。
ビジネスシーンで使う場合には、きちんとした髪型のかつらを選んでおくべきですが、プライベートでお出かけを楽しむ際にはお洒落な髪型が良いと考えるのは当然のことでは無いでしょうか。一週間毎日違う髪型をする必要はないので、一週間分別々のかつらを所有する必要はありませんが、三つくらいは持って置いて損はないのではないでしょうか。
髪の毛の状態によって、選ぶべきかつらはどれかということをよく考えて選ぶようにしておきましょう。複数を購入する際には、同じ場所で買う必要はありませんが、同じところで購入して置いた方がメンテナンスの際に手間がかからなかったり、割引となることもあるのでサービス面を考え選ぶようにしましょう。
複数を持っておくことによる利便性は、確かに高いということが言えるのではないでしょうか。

ページトップへ